読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事の帰り道にて

つぶやき

どうも!BAMBIです!

 

本日は今日の仕事の帰り道で起きた内容をお話しします。

ブログを上げるのがこんなに遅くなってしまったのはこのことがあったからなんです*1

↑てか、よう考えたら、いつも上げるのこのくらいか(笑)

 

今日ね!北陸は雪が酷いんですよ!!

そして、私も恐る恐る車で家まで帰っていたんです!

 

そんな時でした。

二車線くらいの幅しかない裏道みたいなルートがあるのですが、

そこを帰り道に通っていたら、偶然一台の車がフロントバンパーふっ飛ばして

止まっている車を見てしまったんです。

どうやらその場から動けなくなってしまった模様。。。

 

私は最初残念なことに、他の車と同じように、その車を見て見ぬふりをして、

通りすぎてしまいました。

 

だけど、数キロ先に進んでから、だんだん罪悪感が込み上げてきました。

 

と、いうわけで、わたくしの下した決断!

 

『はい!!わたくし戻りました!!』

 

この寒い雪の中で、しかも夜中にどうしようか悩んでいる姿が

想像できましたし、大丈夫か不安になっちゃたんです。

 

私は、その車の近くまでいき、声をかけて事情を聞きました!

 

どうやら、この雪の中走行していたら、スリップして

フロントバンパーをふっ飛ばして動けなくなってしまっていたようです。

 

戻ってきてよかった!!

 

私は何とかもとに戻せないか、その外れたフロントバンパーを

修復しようとしていました。

 

しかし、フロントバンパーはあちこち割れてて、くっつきませんでした。

車のエンジンはつきますが、この吹雪の中

エンジンルームが全開で見えてる車を走行するのは

危ないと思いました。

 

そこで、私は言いました。

「車は一旦、脇に留めておいて、家までお送りしましょうか?」と尋ねました。

 

するとその方は、こう言いました。

「一応、親が向かってきているので、行き違いになるのもあれですし、大丈夫です!ただ、お気持ちだけでも嬉しいです!ありがとうございます!

 

私は、その後その方にこう言いました。

「そうですか。私で何かご協力できることあったらなんでも言ってくださいね!」

笑顔でそう言ってその場から、立ち去りました。

正直ここだから、話せることだけど、苦し紛れの一言でした。

こんなにも、自分って無力なのかと。。。実感してしまったときでした。

 

 

だけど、そんな私に感謝していただけるその方に、私は心から感謝します!

何もできなくてごめんなさい。

感謝してくれて、ありがとうございます!!

 

私は、これからも良心を忘れないで生きていくでしょう。

これからもよろしくどうぞ。

 

 

*1:+_+